トップページ > FXの税金について
FX初心者の為の比較まとめサイト FX比較まとめ!

比較・ランキング

外為オンライン



FXの税金について

FXのメリットをチェック

FXで一定以上の利益が出たら、主婦も会社員も誰でも確定申告をする必要があります。

確定申告とは、1年間に納めるべき所得税の額を確定させる納税の手続きのことです。

また、逆にFXで損失を出してしまったとしても、その損失額を確定申告で申請しておけば、次の年以降に利益が出た場合、「繰越控除」を使って節税することもできます。

FXで儲かった人も、残念ながらマイナスになってしまった人も、しっかりFXの税金のしくみを理解しておきましょう。

確定申告の時期とFXの税率
少額取引OK

自営業の方や、フリーランスで仕事をしている方ならもちろん知っていると思いますが、会社員や主婦など、確定申告になじみのない方も多いのではないでしょうか。

1月1日~12月31日までの1年間で得た所得金額は、「申告書」に記載し、その翌年の2月16日~3月15日の申告期間内に税務署に申告しなければいけません。

お近くの税務署まで申告書を取りに行くか、今ではインターネットの確定申告サービス(e-Tax)もあります。

※期限を過ぎて申告する場合、延滞税などの追徴金が発生するので、早めに済ませておきましょう。

FXの申告分離課税は、課税対象の金額に関わらず一律20.315%です。
→所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)

確定申告の対象者
少額取引OK

確定申告して納税する必要がある主な例がこちらです。

★給与所得のある会社員で、FXの利益が年間20万円以上

★主婦・学生などの扶養家族の方で、FXの利益が年間38万円以上

★自営業・フリーターで、FXに関係なく年間38万円以上の所得がある

★年金受給者で、FXの利益が年間20万円以上

会社員、学生、主婦の方々は、あまり確定申告と言われてもピンとこないかもしれませんが、FXで利益が出たら確定申告が必要ということを知っておきましょう。

FXで巨額脱税した人の中には、もちろん確信犯もいますが、意外と確定申告が必要ということを知らなかった、なんて人もいるみたいですよ。

FXで得た利益に適用される課税方法
短期間でも設けが出る

「FXで得た利益」とは、決済して確定した利益とスワップ金利を合わせたものです。決済をしていない、保有中のポジションの為替損益は課税の対象外となります。

FX会社によって若干名称は異なりますが、「年間取引報告書」のようなものを各社用意しているので、年間の損益はそちらで確認してください。

FXで得た利益は所得です。所得には、給与所得や不動産所得など種類がさまざまありますが、FXで得た利益は「雑所得」に分類されます。

所得の種類によって課税方法が異なり、他の所得と合算して税金を計算する制度を「総合課税」、ある所得を他の種類の所得と合算せず、分離して課税する制度を「分離課税」と言います。

FXの「雑所得」は、「分離課税」にあたり、さらにその分離課税でも、一定の税率で自動的に所得税が徴収される源泉分離課税ではなく、自ら申告しなければいけない「申告分離課税」という位置づけです。

ちなみに、株、先物、債券など、金融商品によっても所得の種類と課税方法が違うので注意が必要です。

FXの経費になるものは?
短期間でも設けが出る

FXの所得金額は、取引で得た利益そのものの金額ではなく、利益から必要経費を差し引いた金額になります。

つまり、確定申告の際、利益だけではなく必要経費も申告することで、課税金額が安くなります。

FXの経費として認められるものとしては、以下が挙げられます。

・取引手数料
・電話、インターネット
・本、新聞、投資情報
・事務用品
・パソコン
・銀行の入出金手数料
・セミナー受講料(交通費も含む)

確定申告に必要なもの
短期間でも設けが出る

確定申告の際に必要なものをチェックしておきましょう。

●印鑑 
⇒ 各自で準備。
●源泉徴収票(給与所得/退職所得/公的年金など) 
⇒ 勤務先などから入手。
●確定申告書 A様式またはB様式(※) 
⇒ 税務署から入手(国税庁のホームページからも入手可能)。
●1年間の取引損益が明記された書類 
⇒ 取引しているFX会社から入手。

※A様式:申告する所得が給与所得や、配当所得だけの方で予定納税のない方。
※B様式:所得の種類に関わらず使用できる。

提出期限や、雑所得の損失の繰越、および損益通算など、確定申告の手続きが不安な方は、お近くの税務署や専門家に直接確認するか、国税庁のウェブサイトなどをご覧ください。http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

                          
総合力NO.1 自動売買に特化 低コスト 貰える金利が多い
外為オンライン インヴァスト証券 YJFX YJFX
▼クリック▼登録料・利用料無料!
今月のお勧めFX会社  自動売買で簡単にFXのプロに!

ページトップへ戻る

今月のお勧めFX会社  クリックをするとFX会社の公式ホームページに移動します

FX会社比較メニュー  項目をクリックすると比較内容が切り替わります

お勧めFX会社

低コスト!分析ツールが凄い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 公式
サイト
GMOクリック証券の公式ホームページ

GMOクリック証券はスプレッド、スワップなど全てが最高水準でコストパフォーマンスが高く、全てにおいて評価が高い優良会社です。

3年連続FX取引高世界1位の大手FX会社です。

プロのトレーダーも唸る高分析ツールと使いやすいシステムが有名で、38種類のチャート分析機能がある「プラチナチャート」を使いたい為に、口座を開設するトレーダーが多いです。

取引システムも使い勝手にこだわっており、ネットやPCに詳しくない主婦や高齢者でも使えると評判です。

スマホアプリが有名で、アイフォン・アンドロイド合わせて25万人がダウンロードしています。

コスト・使いやすさ全てがトップクラスなので、初めてのFX取引には是非お勧めしたいFX会社です。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

低コスト、かつ少額からはじめられるヤフーグループの「YJFX!」

YJFX!
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 公式
サイト
YJFX!

YJFX!はヤフーグループのFX専門会社です。

人気通貨のスプレッドが狭いため、コストを抑えることができます。

また低スプレッドでありながら、通常の最低取引量の1/10の1000通貨(4,000円)からの低資金で取引が可能です。

初心者でも使いやすいシステムが評判で、特にスマートフォンアプリは「使いやすいスマホアプリ」として有名です。

さらに、短期運用だけでなく長期運用にもオススメで、スワップポイントが業界最高水準

さらに、YJFX!を使えばTポイントが溜まるのも魅力です。

YJFX!の口座開設はこちら

ドル/円のスプレッド0.2銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 公式
サイト
マネックスFX

マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円0.2銭の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めできるのがマネックスFXです。

マネックスFXの口座開設はこちら

5年連続No1 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 公式
サイト
外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

外為オンライン独自のディールスコープオフセット注文もトレーダー達に人気の秘密です。

さらにスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買、短期売買どちらにも使えます。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。
*5千円のキャッシュバックは非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインの口座開設はこちら

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較まとめ All Rights Reserved.