トップページ > FXのメリット

比較・ランキング

外為オンライン



ファンダメンタルズ分析

FXのメリットをチェック

経済活動の状況を示す経済指標などから、将来の値動きを予測する分析をファンダメンタルズ分析と言います。

「ファンダメンタルズ」とは、「土台」という意味を持ち、相場そのものの土台、前提となるものを指します。

主に各国の金融政策、経済状態、株価・債権など為替以外の市場動向、さらには政治・軍事のパワーバランスといったものなど、様々な要素がファンダメンタルズ分析には含まれます。

ここでは、基本的な5つのファンダメンタルズ要因を説明します。

●経済指標
●金利
●為替以外の金融市場
●要人発言
●金融政策

経済指標

為替市場のみならず、株式市場など他の資本市場においても、各国の経済指標というのは注目すべき重要な要素の1つです。

特に世界経済の中心的存在である米国の経済指標には、世界中のトレーダーが注目します。

重要度の大小はありますが、平日ほぼ毎日、何かしら主要国の経済指標発表があります。

これらの経済指標は、発表時間が事前にわかっているので、重要度の高い経済指標がいつ発表されるかというのは、下調べしておきましょう。

特に相場に与えるインパクトが大きいのが、毎月月初の金曜日に発表される米雇用統計です。

金利

インターバンクディーラーなどプロの投資家が常に注目しているのが、米10年債利回りや、米2年債利回りです。

特に米ドル/円は、これらの金利の動きに連動しやすく、短期のデイトレーダーも注目すべき指標の1つです。

日本時間の深夜3時(夏時間2時)に行われる米国債の入札では、3年債といった短期債から、30年債のような長期債まで世界各国の中央銀行や投資家の応札状況が伝えられます。

市場ではこの入札結果を受けて、米10年債利回りの変動が激しくなることがあります。

10年債利回りが上昇すればドル買い、利回りが低下すればドル売りになる傾向が高くなっています。

為替以外の金融市場

世界の投資マネーは、為替市場の他にも株式市場、債券市場、商品市場、不動産といった様々な金融市場に流れています。

これら金融市場の動向は、他の相場に影響を与え、そのときどきで違いはありますが、為替市場は特に株、債券、原油との連動性が高いです。

■株式市場
アジア市場では、日経平均や上海株式市場の他にも、24時間取引されるダウ先物の値動きにも注目です。その後の欧州市場に入ると、イギリスのFX100指数、ドイツのダックス株価指数の取引が始まります。そしてニューヨーク市場では、ダウ平均株価やS&Pの動向が重要となります。米国株とドル相場は連動性が高く、米国株の上昇はドル買い、米国株の下落はドル売りとなる傾向が強いため、チェックしておきましょう。

■債券市場
為替市場と債券市場は反相関の関係にあります。債券価格は金利変動に左右され、金利上昇は債券価格の下落に繋がり、その国の通貨が買われます。つまり、米国債が下落すると、ドル金利は上昇し、ドルが買われる傾向にあるのです。また、米国債の期間も複数ありますが、基本的には10年債の価格をチェックしておけば十分でしょう。10年債が上昇すればドルは売られやすく、反対に10年債が下落すればドルは買われやすいと覚えておきましょう。

■商品市場
ニューヨーク市場では、WTI原油先物や金先物の値動きに注目です。特に為替市場は、原油先物と連動する傾向にあり、「原油高=ドル安」、「原油安=ドル高」という関係性になっています。そして金先物については、為替との連動性はあるものの、どちらかと言えば為替の動きに遅れて反応する傾向にあります。金は円やスイスフランのような安全資産という位置づけとなっており、株価下落や景気悪化の際、リスクオフ相場で買われやすいという性質があります。

要人発言

金融政策に関する発言に市場は大きく反応するため、経済指標と同じくらい為替相場を動かす要因としてチェックしなければなりません。

中でも、FRB議長、ECB総裁、日銀総裁、米財務長官、米各地区連銀総裁の発言には影響力があります。

これらの重要人物の講演や議会証言、出席する会合、会見といったイベントスケジュールは、経済指標と同じように、事前にある程度分かります。

もちろん、突発的な発言をする場合もありますが、イベントの時間を把握しておけば、要人発言によるリスクを回避することも可能です。

経済指標のスケジュールと併せて、こちらも確認をするようにしましょう。

金融政策

金融政策とは、各国中央銀行が国が発行している通貨の量や物価の状態をコントロールして経済の動きを調整する政策のことです。

政策金利を変更するというのもその手段のうちの1つで、特に通貨そのものを売買する為替市場においては、この政策金利の動向に非常に敏感に反応します。

この政策金利の決定は、ほぼ月に1回、各国の空王銀行の審議委員による会議で決定されます。

その過程には、それまでに発表された様々な経済指標や景気見通などが関わってくるため、なぜその決定にいたったのかを示す声明文に高い注目が集まるのです。

また、後で公表される金融政策を決定した会議の議事録も、相場を動かす要因となるケースもあります。

米国の政策金利は、連邦準備制度理事会(FRB)が開く連邦公開市場委員会(FOMC)で年に8回決定され、市場の関心を集めるビックイベントです。

ユーロ圏は欧州中央銀行(ECB)、日本は日本銀行、オーストラリアはオーストラリア準備銀行(RBA)によって、その国の政策金利が決定されます。

                          
総合力NO.1 自動売買に特化 低コスト 貰える金利が多い
外為オンライン インヴァスト証券 YJFX YJFX
▼クリック▼登録料・利用料無料!
今月のお勧めFX会社  自動売買で簡単にFXのプロに!

ページトップへ戻る

今月のお勧めFX会社  クリックをするとFX会社の公式ホームページに移動します

FX会社比較メニュー  項目をクリックすると比較内容が切り替わります

お勧めFX会社

低コスト!分析ツールが凄い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 公式
サイト
GMOクリック証券の公式ホームページ

GMOクリック証券はスプレッド、スワップなど全てが最高水準でコストパフォーマンスが高く、全てにおいて評価が高い優良会社です。

3年連続FX取引高世界1位の大手FX会社です。

プロのトレーダーも唸る高分析ツールと使いやすいシステムが有名で、38種類のチャート分析機能がある「プラチナチャート」を使いたい為に、口座を開設するトレーダーが多いです。

取引システムも使い勝手にこだわっており、ネットやPCに詳しくない主婦や高齢者でも使えると評判です。

スマホアプリが有名で、アイフォン・アンドロイド合わせて25万人がダウンロードしています。

コスト・使いやすさ全てがトップクラスなので、初めてのFX取引には是非お勧めしたいFX会社です。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

低コスト、かつ少額からはじめられるヤフーグループの「YJFX!」

YJFX!
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 公式
サイト
YJFX!

YJFX!はヤフーグループのFX専門会社です。

人気通貨のスプレッドが狭いため、コストを抑えることができます。

また低スプレッドでありながら、通常の最低取引量の1/10の1000通貨(4,000円)からの低資金で取引が可能です。

初心者でも使いやすいシステムが評判で、特にスマートフォンアプリは「使いやすいスマホアプリ」として有名です。

さらに、短期運用だけでなく長期運用にもオススメで、スワップポイントが業界最高水準

さらに、YJFX!を使えばTポイントが溜まるのも魅力です。

YJFX!の口座開設はこちら

ドル/円のスプレッド0.2銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 公式
サイト
マネックスFX

マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円0.2銭の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めできるのがマネックスFXです。

マネックスFXの口座開設はこちら

5年連続No1 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 公式
サイト
外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

外為オンライン独自のディールスコープオフセット注文もトレーダー達に人気の秘密です。

さらにスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買、短期売買どちらにも使えます。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。
*5千円のキャッシュバックは非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインの口座開設はこちら

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較まとめ All Rights Reserved.